手・肘の症状

指の変形

指の関節が痛い・・・
だんだん指が変形してくる・・・

指の関節が痛くなったり、年々指が変形してくる・・・といったお悩みをお持ちの方は少なくありません。
だいだい接骨院でも、特に女性の患者さんからご相談を受けることが多いです。

これは関節の軟骨がすり減り骨が変形する変形性関節症の一種です。
第一関節の変形をへバーデン結節、第二関節の変形をブシャール結節と呼びます。

初めは関節の皮膚正面が赤くなり、チクチクと痛む自覚症状が現れ、何年もかけて骨が変形し指の形が変わっていきます。
それほど痛みを伴わず、いつの間にか変形していたというパターンもありますが、特に治療をしないまま放置している方が多いようです。

リウマチでは!?と心配される方も多いのですが、リウマチとは全く違う症状です。

指の変形や痛みは40歳代以降の女性に多い症状です。
原因ははっきりとは解っていませんが、女性は家事などで手を酷使することが多いこと、末端冷え性などで指先が冷えやすいこと、更年期になると女性ホルモンの分泌が低下して関節がむくみやすくなることなども原因と言われています。

早めの治療が何よりも大切

指の変形や痛みは個人差が大きいので、生活に支障が無ければ特に治療をしないという方も多いようです。
ただ、変形が進んでしまうとシップや薬などでは元の状態に戻ることは無いため、初期の段階で治療をすることが大切です。

指の関節症は痛みも辛いですが、女性にとって指が曲がってしまうというのは精神的にも辛い事だというお話を患者さんから聞いたことがあります。
痛みだけではなく心のケアの重要性にも気付かされ、ハッとしたお話でした。

指の変形は腰や膝に比べて我慢してしまう方が多く、「年だから」と治療を諦めている方も多い症状ですが、ちゃんと治療をしないのはもったいないことです。
真剣にお悩みの方は、症状が進行する前にご相談ください。

能代市だいだい接骨院の症状別説明ページです。
能代市だいだい接骨院の超音波治療説明ページです。
タイトルとURLをコピーしました