だいだい通信

腰痛を悪化させるコルセット

腰痛をお持ちの方には、コルセットを持っているという人も多くいらっしゃいます。
ですが、中には間違った使い方をしている方も多く見受けられます。

  • 何か月も、毎日使っている 
  • 何年も前に作ったものを使っている
  • 仕事で腰を使うので巻いている
  • コルセットを巻いていないと不安だ
  • 現在、痛みはないがとりあえず巻いている
  • 腰痛の予防のために巻いている

こんな使い方をしている場合、実は腰痛を悪化させる場合があるのです。

コルセットの主な目的は、「腰部の固定」をすることです。
急性のぎっくり腰や、手術が必要な椎間板ヘルニアなどの、安静を保つことが必要な場合に補助用具として使われるのがコルセットの役割です。
安静を保つことが前提ですから、コルセットを巻きながら仕事をしたりしては意味がありません。

そして、コルセットの装着期間は、長くても数週間程度に抑えておく必要があります。
長期的にコルセットで固定していると、腰の筋肉がうまく動けなくなってこわばったり、血行が悪化することで慢性腰痛の原因になるのです。

長期間コルセットを使っていると体形が変化した際に体に合わない場合もありますし、精神的にコルセットに依存してしまうのも不健康です。
全ての腰痛のうち、長期間のコルセット固定を必要とするものはそれほど多くありません。
急性期を過ぎたら、徐々に動かしていく事が長期化させないために大切なのです。
だいだい接骨院にいらっしゃる患者さんにも症状に合わないコルセットの使い方をしている方が多いので、段階的にコルセットの時間を減らしてコルセットに頼らない状態にしていきましょうとお伝えしています。
今使っているコルセットがご自身に合ったものなのか気になる方は、来院される際に実物をお持ちください。

腰痛予防や力仕事で巻く場合、だいだい接骨院ではコルセットよりも骨盤ベルトをおすすめしています。腰を締め付けるものではなく、お尻の高さに巻くベルトです。
動きを制限しないので仕事中も装着できますし、骨盤を安定させるので産後の女性にもお使いいただけます。ご希望の方はお試しいただけますので、お声かけください。

タイトルとURLをコピーしました