だいだい通信

関節が「ポキッ」と鳴るのはなぜ?

指や首などの関節を動かすと、「ポキッ」という音が鳴りますよね。
この音の正体は何なのでしょうか?
体に悪影響は無いのでしょうか?

音の正体

関節から鳴る音は、「関節内の空気がはじける音」です。
関節は関節包という膜に包まれていて、関節を動かしたときに関節包の中の圧力が変わると、そこに溶け込んでいる窒素や二酸化炭素などが気体になります。この時の弾ける音が「ポキッ」の正体です。
炭酸飲料のフタを開けると音が鳴るのと一緒です。
一度鳴った関節がしばらく鳴らなくなるのは、再び気体が溶け込むのに時間がかかるからです。

効果と影響

音が鳴ることで関節内の圧力が変わる為、一時的に関節の動きが広くなったり爽快感を得られることもありますが、骨の位置が変わったり矯正させるようなことはありません。
関節が鳴ること自体に悪影響はありません。指が太くなったりすることは無いと言われてはいますが、鳴らすことを目的として力を入れたり勢いをつけて捻ったりすると関節や靭帯を痛める場合もあるので気をつけましょう。
特に首は大事な神経が通っていますので、無理に力を加えるのはやめましょう。
日常生活で音が鳴ることは特に問題ありません。
しゃがんだ時に膝が鳴ったり、ストレッチをした時に腰が鳴る、という程度であれば気にしなくても良いと思います。

組織の損傷によって音が鳴る場合

関節に負傷歴がある場合、傷ついた組織が原因で音が鳴る場合もあります。
この状態が長く続くと、他の組織に負担がかかり、関節の変形が進行することがあります。

  • 肩…スポーツ障害、五十肩、加齢など
  • 膝…半月板損傷、変形性関節症など
  • 足首…ねんざ後の不十分な治療による関節の不安定など
  • あご…噛み合わせが悪かったり、顎関節症がある場合など

音が鳴る際に痛みを伴ったり、関節の動きが制限されるようであれば治療が必要になります。
お早めにご相談ください。

だいだい接骨院はポキポキしません

「接骨院」というと「ポキポキ鳴らしてもらう所」というイメージを持っている方も多いようですが、だいだい接骨院では無理に骨を鳴らすような体に負担のかかる施術はしていません。
ご希望があれば鳴らすことも出来ますが、ポキポキ骨を鳴らしても治療効果は得られないのです。

タイトルとURLをコピーしました