首の症状

眼精疲労

目の奥が痛む・・・
目がかすむ・・・

現代病ともいえる眼精疲労

目を使いすぎると、目の疲れだけではなく、肩こり、めまい、吐き気、倦怠感などの症状が現れます。これを眼精疲労といいます。
近視や老眼、白内障や緑内障などの目の病気が原因で疲れやすくなっている場合もありますが、患者さんにお話をうかがうと、仕事でのパソコン作業、就寝前のスマホ、長時間の車の運転などが原因として挙げられます。また、ストレスや慢性疲労など、眼精疲労の原因となるものは現代社会にあふれています。
眼精疲労は休息をとっても回復しにくく、日常生活に支障をきたす場合があります。

眼精疲労軽減のヒント

眼精疲労の原因が目などの病気ではない場合、ほとんどが「目の使い過ぎ」によるものです。
とはいえ、目を使わないわけにはいきませんし、目の休まる環境を整えるのは大変です。
だいだい接骨院では、緊張した筋肉をやわらげ、自律神経をリラックスさせる施術によって眼精疲労にアプローチしています。
スマホやパソコンなどを見ているとき、眼球の動きに合わせて首の後ろの筋肉が動いているのですが、この繊細な動きを担うのが、頭の骨の後ろ(後頭骨)と首をつないでいる細い筋肉群です。
眼精疲労の方はここの筋肉が慢性的に緊張している傾向があります。このポイントに施術をすることで、首の後ろ~頭~目へとつながる組織の緊張がとれやすくなります。
目だけをケアしても眼精疲労はなかなか改善されません。
連動している筋肉群や姿勢などのバランスを全体的に整えていく必要があるのです。

タイトルとURLをコピーしました