膝の症状

変形性膝関節症

歩き初めに膝が痛い・・・
膝の内側が痛い・・・

女性に多い膝のトラブル

変形性膝関節症とは、いわゆる「膝の軟骨が減った」状態です。
年齢とともに膝の関節の内部を満たしている潤滑液の量が減少し、摩擦によって軟骨がすり減っていきます。 変形性膝関節症は圧倒的に女性に多く、 日本だけでも1000万人以上の患者数がいると言われています。
ほとんどの場合、膝の内側に痛みが現れますが、これは日本人の骨の特徴としてスネの骨がカーブしていて内側に体重がかかりやすいといった原因があります。
変形性膝関節症は動かし始めに痛い、といった症状から現れることが多く、炎症が関節全体に広がると関節水腫、つまり「膝に水が溜まった」状態になり、痛みも強くなります。悪化すると骨同士がぶつかり骨棘という骨のトゲができたり、骨が変形してO脚になります。 こうなると膝の曲げ伸ばしが難しくなり、正座などができなくなります。

治療は一日でも早いほうがいい

変形した骨やすり減ってしまった軟骨は元に戻らないので、悪化する前に治療をすることが何よりも大事です。
膝が痛くて動かさなくなると、潤滑液の分泌がさらに少なくなったり、膝を囲む筋肉が衰えたりといった悪循環になります。 初期の段階であれば潤滑液の分泌量を増やして動きをなめらかにし、日常生活に支障のないようにしていくことが可能です。だいだい接骨院では痛みを取るだけでなく、
歩く、立ち上がる、階段の上り下りといった動作に不自由を感じない状態にすることが本当の治療だと思っています。
自分の足で歩き、旅行を楽しみ、スポーツを楽しむ。
そのために、変形性膝関節症の方は一日でも早く だいだい接骨院にご相談ください。
「あのサプリメントは効くの⁉」といった質問もお気軽にどうぞ。

能代市だいだい接骨院の症状別説明ページです。
能代市だいだい接骨院の超音波治療説明ページです。
能代市だいだい接骨院のインボディ説明ページです。
タイトルとURLをコピーしました