手・肘の症状

腱鞘炎

手が痛くて物が持てない・・・
指が曲がったまま戻らない・・・

女性に多い腱鞘炎

腱は筋肉の収縮する力を関節に伝えるワイヤーのような働きをする組織です。
腱は周りの組織にぶつからないように腱鞘というカバーに覆われていますが、使いすぎることで腱鞘に炎症が起こった状態が腱鞘炎です。
仕事での動作や家事などの何度も同じ動きを繰り返すことが原因で起こり、日常生活でたくさん使う親指の腱鞘炎【ドケルバン病】などが有名です。
腱鞘炎は産後の女性や更年期の女性に多くみられ、ホルモンバランスの乱れも関係していると言われます。
腱鞘炎治療では安静にすることが大切なのですが、手を使わないわけにはいかないので痛みを感じながらも無理をしてしまい、悪化させたり長期化するパターンが多いのです。市販のサポーターをしながら手に負担をかけている方も多いのですが、適切な治療が欠けていては治癒は難しいと理解する必要があります。
腱鞘炎が悪化すると腱鞘が摩擦で腫れあがり、腱と引っ掛かるようになります。これは【ばね指】や【弾発指】と呼ばれる状態で、指が曲がったまま伸びなくなったり、スムーズに曲げ伸ばしができなくなります。ばね指は痛みが現れない場合もありますが、腱鞘炎が悪化した状態だということを忘れてはいけません。
腱鞘にメスを入れる手術もありますが、切った腱鞘は元に戻ることはないため、「手術は怖い」「自然な状態で治したい」とお考えの方は だいだい接骨院にご相談ください。

能代市だいだい接骨院の症状別説明ページです。
能代市だいだい接骨院の超音波治療説明ページです。
タイトルとURLをコピーしました