首の症状

ストレートネック

姿勢の悪化が
骨のバランスに影響する

ストレートネックとは?

テレビや雑誌などで目にするようになった「ストレートネック」という言葉。
首の骨(頸椎)というのは、7つのブロックが積み木のように重なった柱のような構造になっていて、その柱は前方向に弓なりに反っているのが正常な形です。このカーブがあることで、約5キロもある頭の重さを受け流して支える構造になっています。
ですが、長時間下を向くような姿勢を続けていると、頸椎の自然なカーブがまっすぐに近づき、頭の重さが直接のしかかってしまうのです。
最近では、スマホの使いすぎによるストレートネックが多く、「スマホネック」「スマホ首」とも言われるようです。 
ストレートネックは骨の構造が不自然な状態になるため、様々な症状が現れます。
正常な姿勢に比べて頭の重さから受ける負担が増すので疲れやすくなったり、首の関節や椎間板に痛みが現れることもあります。
また、神経の通り道が狭くなると手にしびれなどが現れ、治癒に時間がかかるケースもあります。

ストレートネックの治療

ストレートネックを改善しようとして首を後ろにそらす方もいますが、首を痛めてしまうのでやめたほうがいいでしょう。
ストレートネックが首だけの問題ではありません。全体的な体のゆがみが原因でアゴが前に突き出た姿勢になり、結果的に頸椎のカーブに影響が現れるのです。
頸椎のカーブを自然な状態に保つには、肩甲骨・背中・腕・腰などの位置関係を考えてバランスを
調整する必要があります。
だいだい接骨院では、全体的な姿勢を改善させることでストレートネックの状態を正しい位置に戻していきます。首だけの施術よりも効果が表れやすく、再発しにくい方法です。
ストレートネックの状態が改善されてからは、何度も繰り返し悪化しないように、日常生活の中で簡単にできる予防法やメンテナンスのストレッチを指導させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました