腰の症状

坐骨神経痛

腰から足にかけて痛みがある・・・
足がしびれる・・・

坐骨神経痛の原因は様々

坐骨神経とは、腰から左右に分かれて足に向かう神経です。足の運動や感覚をコントロールしています。
太い神経ほど圧迫に弱いという特徴があるのですが、坐骨神経は小指ほども太さがあるためシビレや痛みが出やすい神経と言えます。
坐骨神経痛を引き起こす原因は様々で、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、 梨状筋症候群、ウイルスによるものなどがあり、原因がはっきりしないこともあります。
症状にも個人差があり、腰から足にかけて痛みやシビレが出る場合もあれば、脚の筋肉のだるさ、こわばり、けいれんを訴える方もいます。
悪化すると日常生活に支障が現れることもあるため、異常を感じたら放置しないほうがいいでしょう。

坐骨神経痛の治療方針

一般的に坐骨神経痛の治療では保存療法が選択されます。保存療法とは手術以外の方法の事で、薬、運動、電気治療、ストレッチ、マッサージなどです。
坐骨神経痛の治療は神経がどのポイントで圧迫を受けているかといった見極めが最も重要になります。足に痛みがあっても原因が他にある場合は、足へ施術は根本治療になりません。
坐骨神経に関係する筋肉群は自分で動かすことが難しいため、だいだい接骨院では患者様が力を抜いた状態で無理をかけずに施術していきます。
また、日常生活での動きのクセや姿勢の悪化を改善させることで坐骨神経痛の早期改善や再発防止を目指していきます。
坐骨神経痛などの神経症状は長期化するほど治りが悪くなる傾向があります。坐骨神経痛は我慢して治るものではないので、お早めにご相談ください。

能代市だいだい接骨院の整体マッサージ説明ページです。
能代市だいだい接骨院の鍼治療説明ページです。
能代市だいだい接骨院の超音波治療説明ページです。
タイトルとURLをコピーしました